歯を8本も(-"-)

2012年 01月 25日


c0157047_20251489.jpg


ワンズは、歯石をとってもらうのに
全身麻酔なんですが、
14歳ともなるとそれなりのリスク…(-"-)。


ただ、お母さんのKiwiも17歳の今、元気でいるので
まだ長いであろうAlbaの残りの犬生、
歯石が溜まって歯周病になって苦しむより
今のうちに最後の全身麻酔と思って取ってしまった方が
良いだろうという結論に達し、本日やっていただきました。


奥の方は、かなり歯石が溜まっていたので
抜いていただくことになるとは思っていたのですが、
結局、8本!!(T_T)


折れてしまった前歯(原因不明(-"-))も、多少のリスクがあったり、
そんな歯やら、乳歯のような歯もあったり、
やはり歯周病が進んで、絶対に抜いた方が良いと判断される歯とかで…


少しずつ毎日ガムをかませていたので
意外と歯石が少なく、安心していたのですが
原因不明で歯が折れていたのを発見した時から
もしや、ガムが原因かもと思い、止めさせてしまった辺りから
歯石がひどくなったのかもしれません。


まぁ、結局、私が注意深く見てやっていなかったのが
いけないので、かわいそうなことをしてしまいました。


ただ、先生のお話では、犬は42本の歯があり、
極端な話、全部なくなっても食べるのに困ることはなく、
それよりも歯周病から起こる症状の方が怖いということのなので
ぎりぎりの年齢で、回避できたのではないかと
期待しています。


麻酔の前の血液検査では、数値が良好で
14歳とは思えないと言っていただきました(*^^)v。
17歳で元気なKiwiに続いて行ってもらいたいと思います(*^。^*)。


流石に今日は、元気がありませんが、
相変わらず、食欲はあるので、一安心です(*^_^*)。


[PR]

by ts-taste | 2012-01-25 22:23 | ワンズ